鍼治療

多面的な診察と少数鍼

 

東洋医学診断法

当院では、五感をフルに使う四診(望診・聞診・問診・切診)により弁証(現代医学に言う診断のこと)を行い、個々の病能に応じた治療を行います。西洋医学にない視点「陰陽、虚実、寒熱など相対的認識法」で生体を観察し、それまで西洋医学の検査で見落とされていた原因も見つける事が可能です。

 

四診

 

望診

 顔色、顔面各部の観察 舌診(舌の色や形状)の観察、爪や手足の色、腹部・背部の色や形状などを詳しく診ます。

 

聞診

 声色、声量、患部の音や臭気によって、病の性質や体力の程度・病の勢いを知ることができす。
西洋医学でも行われている問診では、発症の時期や経過、悩んでいる症状を患者さんの生の言葉をにしながら詳しく聞くほか、月経や便通の状態、冷えの有 無、病歴などを聞いて患者さんの全身状態を把握します。そのほか、生活習慣や飲食物の好み、日常生活の様子なども聞いて参考にします。

 

問診

 病や症状の発症背景にどういった生活の変化があったのか、またどういう生活習慣や日々の飮食の状況があったのかなど、多岐にわたってお聞かせ頂くことにより、病の原因や性質、予後(今後起こりうる病態の変化)などを判断いたします。

 

切診 

 患者さんのお体にさわって病気の性質・程度を推しはかることです。腫れている場所を触って熱があるかどうかを診るのも切診の範疇(はんちゅう)に入りますが、切診の代表は脈診と腹診、それに背診です。脈診とは、 脈の形状、太さ、硬柔、速さなどを細かく診ることで 病気の性質・程度、それに患者さんの体力などを推しはかる診察です。 昔でいう「お脈拝見」です。漢方医学でも中国の伝統医学たる中医学でも脈診は行います。
腹診 これは日本の漢方医学独特の診察方法で、生活習慣の違いか、中国では行わないようです。

お腹を触り、押さえ、お腹のいろいろな場所の張り具合・痛み具 合・力のなさなどから病気の性質・程度を推しはかります。
   

 

 

 

 

 

 

 

 

整形外科徒手検査 

   

 スポーツ理学療法としての検査として、また整形外科疾患に対して、東洋医学的診断と並行して行うことにより、より客観的に診ることが可能になります。

   

   

 以上のように多岐にわたる観察により、病・症状発生のメカニズム(病因病理)を知ることができ、今の時点で身体の歪みがどういったものであるのかが、明確になります。

※その部分が原因とハッキリと分かるよう外傷(打撲、骨折後遺症、その他)を除き、短絡的に「凝っているところに鍼を刺す」「痛みがあるところに鍼を刺す」「冷えているところにお灸する」といったことは行いません。

 

 

 

 

同じ症状でも、四診によって「病巣が浅いか深いか」「体質的なものが原因か、外部からの病が原因か」「体内に熱がこもって起こったのか、体が冷えて起こったのか」といった病気の性質(「証(しょう)」といいます)を推し量り、摂るツボや鍼の打ち方を変えて治療していきます。

 

 例えば「腰痛、首の痛みならこのツボ」と誰にでも同じツボに鍼を打つわけではなく、例えばAさんには右肩の痛みのみで来院。問診すると血糖値が高く胃下垂もある。以前に交通事故を起こしている。事故後のリハビリが長く続き自覚はないが股関節のバランスがわるい。それによって骨盤が前傾し背骨から首の骨のカーブに影響が表れている。さらに診察すると左の肋骨の間隔と高さがちがう。胃下垂によって内臓が圧迫され、食べても太らない、その為、血糖値も下がりにくく、全身の循環を悪くし肩の痛みを助長している。肋骨の左右差も内臓圧迫、土台となる骨盤の歪みをを表している。自律神経は背骨からすべて出ていて、その疎通を障害して内臓の働きを低下させててる為、さらに血糖値も改善されにくい。当然全身の骨格の歪みは、肩の筋肉、腱の引きつりを起こす原因の一つ。 こういった方は、骨盤、股関節、頸椎のごく軽い整体、オステオパシーをしながら、内臓の圧迫、循環改善、筋緊張をとっていきます。血糖値に関連する内臓のツボに一~数位か所、数ミリ単位で刺鍼し、胃下垂によって消化器系の影響がでている部分にお灸や手技、または鍼を加えて(治るお身体)にしていきます。

 

 局所の症状は(肩の痛み)は全身の状態を表し、身体の全体を治療することにより一番辛い局所を治す。

木が森をかくす(C'est l'arbre qui cache la forêt) 木を見て森をみずでのようなものです。

 

 また手足の数個所のツボに鍼を打つことで、「体に足りないものを補ったり、過剰なものを減らす」などして内臓全体の機能のバランスを取り、もともと私たちに備わっている自然治癒力が回復する手助けをしていきます。

 

 多くの鍼を打つことが良い治療ではありません。個々の患者さんの感受性に合わせ、身体に負担を掛けずに適切な必要最小限のツボの組み合わせと、どの角度、深度、タイミング、どのような鍼を使うか、刺鍼後の鍼から伝わる組織の反応を最大限、注意深く感じながらを施術を行います。