New Data Supports Acupuncture as a Treatment for Depression. うつ病への鍼灸の効果

Researchers found acupuncture effective in the treatment of chronic pain and depression.

2017.02.07 Mad in America(MIAニュースレター)


イギリスの学術誌に慢性疼痛とうつ病に対する鍼灸の効果について重要な研究発表がされているという記事が、アメリカの精神保健を再考するフォーラムのサイトで紹介されています。

ここ10数年で,うつ病の治療法のひとつとして鍼灸が注目されるようになっています。

 

A new report, published in the National Institutes for Health Research Journal, provides what the authors call “the most substantive evidence to date on acupuncture and its potential impact.” The studies included in the report provide compelling evidence for the use of acupuncture in the treatment of both chronic pain and depression. Their results address prior uncertainties regarding the practice as a medical treatment.

 

国立保健研究機構の研究誌に「現時点でもっとも実質的な鍼と鍼の可能性についての証明」と呼ぶところの新しいレポートが掲載された。その研究には慢性痛とうつ病の治療に鍼治療を用いることについての魅力的な証明が含まれている。その研究結果は、医療としての施術についての先立つ不確実性について述べている。

 

“The programme of research found that acupuncture was more effective than usual care and sham acupuncture for chronic pain, that it was one of the more clinically effective physical therapies for osteoarthritis and that it showed benefits in the treatment of depression.”

 

「研究のプログラムの結果、鍼は慢性の痛みについては通常の治療や偽鍼よりも有効であることが分かり、変形性関節症の理学療法としてより継続的に有効な方法のひとつであると言える。またうつ病の治療にも利点があった。

 

Acupuncture is widely used around the world, commonly for the treatment of chronic pain. More recently, it has been added to the list of non-pharmacological treatments for depression, for which it has shown some promise. Despite the common and widespread use for both of these conditions, researchers remain uncertain regarding the effectiveness of acupuncture, given poor quality or lack of evidence in both of these domains. Interest in acupuncture as a treatment for depression has surged, as the effectiveness of antidepressants has been questioned, and individuals have voiced concern about their side-effects.

 

鍼は世界中で広く用いられていて、慢性痛の治療には一般に採用されている。最近では、うつ病の非薬理的な治療の一つにも加えられ、いくらか希望が持てる療法として期待されている。これらの症状の両方について一般的に広く用いられているにもかかわらず、どちらの分野においても証明(エビデンス)の不足あるいは欠如ゆえに、鍼の有効性に関しては研究レベルではこれまではっきりしたことは言われていなかった。抗うつ剤の効果に疑問があり、患者たちがその副作用に懸念の声を上げるようになって、うつ病の治療としての鍼治療に対する関心は湧き上がっている。

 

One of the studies’ aims was to understand the clinical effectiveness of acupuncture for chronic pain. For this report the researchers conducted a systematic review of the literature, compiling data from twenty-nine trials, which had just fewer than 18,000 participants. In addition, the researchers conducted a randomized control trial (RCT) of acupuncture treatment for depression with 755 participants.

 

研究者の目的の一つは慢性的な痛みに対する鍼の臨床上の効果について理解することだった。このレポートで、研究者たちは文献を系統的に見直し、18,000人弱の被験者に対して、29種類の試験をしてデータをまとめた。加えて、755人のうつ病の患者に対する鍼治療のランダム化比較試験(RCT)も行った。

 

Overall, the researchers found that acupuncture was not only a suitable option for the treatment of chronic pain but that it was also significantly more effective than a placebo. In addition, it was more cost effective than other compared treatments. Acupuncture was found to be effective for chronic pain across different areas including head, back, neck, and knee.

 

結果として、鍼治療は慢性痛の治療として適当な治療であるだけでなく、ブラシーボよりもはるかに有効であるということもわかった。加えて、他の治療方法に比べて費用が安いということも明らかになった。鍼は頭、背中、首そして膝などのさまざまな箇所の慢性痛に有効であるということがわかった。

 

“In an RCT of acupuncture or counseling compared with usual care for depression, in which half the patients were also experiencing comorbid pain, we found acupuncture and counseling to be clinically effective and acupuncture to be cost-effective,” the researchers wrote.

 

「うつ病の標準的な治療と鍼あるいはカウンセリングをランダム化比較試験で比較をして、患者の半分は身体の痛みも併せて持っていたのだが、鍼とカウンセリングは臨床的に有効で、鍼は費用対効果が高いこともわかった。」と研究者は記している。

 

In their RCT the researchers found that those patients who received acupuncture experienced significant reductions in depression symptoms compared to those who received just standard care. They found the same with the participants who received counseling. However, those receiving acupuncture had similar gains with less associated financial costs.

 

彼らのランダム化比較試験において、鍼を受けた患者は、通常の治療を受けた患者と比較してうつ症状が大きく改善したことがわかった。カウンセリングを受けた患者についても同様だった。けれども鍼を受けた患者はより少ない出費で同じくらいの効果を得られたのだ。

 

The study not only provided robust evidence regarding the use of acupuncture for chronic pain and depression, it also quashed any doubts regarding the potential placebo effects of acupuncture. By furthering their research aims to include cost effectiveness, they also made a substantiated argument for potential discussions around policy and health.

 

この研究は慢性痛とうつ病に対する鍼治療に関して強力な証明(エビデンス)を供給するだけではなく、鍼はプラシーボ効果に過ぎないのではないかという疑いを払しょくするものでもある。費用対効果を含めて研究を進めることで、保険政策に関連して根拠のある主張をすることができるようになった。

 

“By comparing acupuncture in an unbiased way with other ‘competing’ physical or psychological therapies, we are providing the very evidence on clinical effectiveness and cost-effectiveness that is of most value to policy-makers and commissioners.”

 

「鍼治療を公平な方法でそれ以外の『競争力のある』理学療法や心理療法と比較したとき、臨床上の効果と費用対効果において、政策立案者や担当理事に対して最も価値のある証明(エビデンス)を提示することができる。」

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

80 y o left side hemiparesis treated with scalp acupuncture. if you know some one suffering from these bad disese, shear and try my treatment.

October 7, 2016

1/4
Please reload

最新記事