オステオパシー医学

1874年にアメリカの医師 Andrew Tailor Still によって創始された徒手医学です。徒手医学とは、身体の微細な変化や異常を私たちの「手」で触知し、基礎医学(解剖学・生理学・生化学)の知識 を基に手技治療の方針を立て、身体の構造と機能を改善するための学問です。
スティル博士は医師でありながら当時流行していた髄膜炎により3人の子供を亡くすという悲劇を経験しました。また当時の手厚い看護と医療を受けたに も関わらず助からない人々がいる一方で、医療や看護を受けることもままならない人々が、回復していく事実に疑問を抱き、人体に対する独自の研究を始めていき ます。自然科学をはじめ解剖学、生理学、病理学、そして広範囲の科学を徹底的に学び直し、人体を人間をあらゆる角度から研究しました。そして約10年の研究の後、1874年にスティル博士は世にオステオパシーを発表しました。しかし、当時の医学界からは強い抵抗に合い、受け入れられる事 はありませんでした。それでもスティル博士は自分の信念を貫き通し、旅をしながら全米をこのオステオパシーにより治療して周りました。当時の記録には、筋骨格系の症状 のみならず伝染病や内臓疾患にも驚くほどの効果があったと記されています。

 

その後、最終的に行き着いたのがミズーリ州にあるカ―クスビルという小さな町でした。そこには噂を聞きつけ全米 から治療を必要とする人々が集まったため、ホテルや食堂、はてや駅までもできるまでになり町が大勢の人々でにぎわいました。1892年にはカークスビルに最初のオステオ パシーの学校(American School of Osteopathy)が設立され、現在も“A.T.STILL UNIVERSITY”として最も難関大学として存在しています。また、現在オステオパシーはアメリカでは西洋医師としても公認されており、手術や投薬など全ての医療行為が許されています。

 
オステオパシーでは筋肉・関節の動きの他に、「血液・リンパの循環」や「内臓固有の動き」、更には「脳脊髄液の循環」にも焦点を当てて施術を行います。
 
オステオパシーは「繊細な動き」から「ダイナミックな動き」まで、施すテクニックが異なります。これは男女や年齢による個体差のほか、筋肉や関節の動き、 血液循環の状態、患部の深さや広がりなどに適した施術を行うためです。また、頭蓋骨の調整を行う場合には「5グラム」の力加減(超微細)で行いますし、内臓の動きを感知する場合は内臓の深さによって力加減が変わってきます。

オステオパシーでは、次のような基本的理論のもとに治療をおこないます。

  • 身体はひとつのユニットであり、身体の諸器官や組織は互いに関連して機能している

  • 身体の機能と構造は相互に関係する

  • 身体は自己治癒力を備えている

  • 自己治癒力を上回る何らかの外力または内的変化が生じた時に病気が発生する

東洋医学とオステオパシー医学は歴史的背景や発生時期は違いますが、身体を診る上で触診の重要性など非常に重なる部分が多く、統合医療の理念のもと、患者様にとって必応な治療は医学理念を超え、提供されるべきであると考えています。
 
基礎医学(解剖学・生理学・生化学)は鍼灸でも同じ概念であり、鍼灸、指圧と並行して積極的にオステオパシーの概念もとりいれ、統合的に治療を行います。