男性不妊の方へ

男性不妊の主な原因

男性不妊の原因として、造精機能障害が9割そして、他が1割といわれています。
 
高度生殖器の不妊治療による身体的負担や精神的負担は、女性に大きくなる傾向があります。私たち男性はこのことをよく理解して、より相手をいたわることが大切です。一方女性も、身体的原因が男性にあった場合は、過度のプレッシャーをかけないように配慮しましょう。
 
造精機能障害とは、乏精子症・精子無力症・精子奇形症・無精子症など、精巣で正常な精子が作られず、
精子の量が少なかったり、運動率が悪かったり、質の良くない精子ができることをいいます。
その他には副性器障害・精路通過障害・性機能障害(ED)など。
 
WHO(世界保健機構)が定めている正常な精子の数は
数…精液1ml中に2000万匹以上
運動率…前進運動精子が50%以上
奇形率…15%以下
生存率…75%以上
 
このように示されています
 
西洋医学での男性不妊の治療

炎症か感染症が原因の場合は、投薬で完治し、自然妊娠することも可能ですが、約9割を占める造精機能障害では、原因不明なことが多く現在のところ西洋医学のみで根治できる治療法や効果的な薬はありません。
ホルモンの欠乏などの治療の場合、ホルモン剤を投与する治療法もありますが、長期の使用で逆に造精機能が低下する可能性もあり、注意が必要です。
ただし、生活習慣を変えて精子を作りやすい体作りをすることによって、妊娠に至るケースが多く報告されています.
男性不妊の誘因

タバコ ガンなどの原因になるほか、生殖機能に悪影響があるといわれています。
 研究データをもとに、精子数が15%から24%低下する、精子の受精能力が低下する、
体外受精における妊娠率が低下する、精子のDNAが損傷する、EDのリスクが40%あがる。

飲酒 アルコールは適量であれば、ストレスの解消や快眠の助けになりますが、過度の飲酒では
造精機能に影響があると考えられています。
アルコールのほとんどが肝臓で分解されますが、精巣にもアルコールを分解する酵素があります。過度の飲酒では分解過程の際に毒性の強い物質が精巣内に蓄積され、これが精子を作る能力を低下させ、男性ホルモンを合成する力も奪ってしまいます。量を飲みすぎず、適量を心がけましょう。

 
高熱 思春期以降におたふく風邪にかかった場合、睾丸炎になるケースがあります。
睾丸炎にかかると、睾丸が大きく腫れて激しく痛み、高熱・発疹・悪心・下腹部痛などを引き起こし、まれに睾丸が委縮してしまうこともあります。これは高熱が原因ではなく、おたふく風邪のウィルスが睾丸に侵入しておこるものでおたふく風邪がすべて不妊の原因になるわけではありません。
ただし、睾丸は常に体温から1~2度低い状態で機能しており、1度上昇するだで、正常に機能しなくなるといわれているほどですので、注意は必要です。
        
        
環境ホルモン 正しくは内分泌撹乱化学物質と呼ばれ、自然界にも存在しますが、多くは化学物質の中に存在します。環境ホルモンは体内に生成するホルモンに非常に似ていてホルモンの作用を阻害し、成長や生殖・行動に影響を及ぼします。
症状としては知能低下や注意力の欠如、鬱やストレスの過剰反応、不安症やアレルギー症状などです。
50年前は1mlに約1億個あった精子の数は近年減少を続け、現在では1mlに約4000~6000個といわれています。その原因の一つにこの環境ホルモンが関わっています。
今の世の中はものがあふれています。たとえば、野菜の農薬・保存料や添加物の食品をはじめ、塗料・殺虫剤、レンジで使用するラップ。ジャンクフードやカップラーメンなどを多く食べていると知らずうちに環境ホルモンを大量に摂取することになります。
治療方針
ホルモンバランスを司る、脳の視床下部・下垂体機能の調整 → 自律神経やホルモンバランスの調整 
骨盤内の血液循環改善、睾丸・陰茎の発育促進と生殖機能を向上 
睾丸への血流循環とホルモン供給の改善 → 睾丸の萎縮を予防し、良質な精子を獲得 
男性ホルモンの分泌機能向上、精力増強
ストレスの緩和やリラクゼーション効果
 
特に男性は仕事のストレスが多く、それが顕著に身体に表れているケースがよく見受けられます。
​当院の治療は、ただ鍼を刺して置いておくのでなく、患者さんのお身体が欲していることに五感を研ぎすまし、それに対して施施していきます。
ご本人が自覚されていない身体の訴えにも、伝統技術である鍼灸の手ですくい上げ治療をすることにより、驚くほどお身体が軽く楽になることを目指していきます。