耳鳴りと難聴が急に始まりした。すぐに治療に来た方がいいですか?
突発性難聴は早期治療が必須です。西洋医学では一か月以内に症状が固定すると考えられています。
当院に起こしになると同時に、病院での診察、診断をもらうようにして下さい。
万が一、救急治療を要する疾患や聴神経腫瘍(良性)の場合、病院での経過観察が必須になります。
その他は、西洋医学との治療と並行して出来るだけ早い鍼灸指圧、オステオパシー医学、の治療をお勧めします。

突発性難聴は、これまで耳に病気がなかった方が、あるとき突然難聴になる病気です。

多くの場合には片側に発症し、耳鳴りを伴い、約半数の方がめまいを自覚しています。​

原因としてウイルス感染説や内耳循環障害説などが推定されていますが、本当の原因は残念ながらわかっていません

その他考えられる疾患

突発性難聴、急性低音障害型感音難聴

音響外傷、騒音性難聴

外リンパ瘻

メニエール病、蝸牛型メニエール病、遅発性内リンパ水腫

ステロイド依存性感音難聴

機能性難聴(心因性難聴)

特発性両側性感音難聴

先天性難聴、遺伝性難聴、内耳奇形

聴神経腫瘍、小脳橋角部腫瘍 (腫瘍の大きさによる)

加齢性難聴(老人性難聴)

特発性顔面神経麻痺(ベル麻痺)、耳性帯状疱疹(ハント症候群

病院の治療としては、ステロイド剤、血管拡張剤、代謝賦活剤やビタミン製剤などを点滴もしくは経口で用いることがあります。