子供がアトピー性皮膚炎です。治りますか?

アトピーは、『鍼灸』の適応症ですが、ステロイドを長期使用した症例は非常に難治です。その点、小児のアトピーは、あまり強い薬を使っていない場合が多いので、大人に比べて、効果がある場合が多いといえます。 

赤ちゃんは、生後間もなく、乳児湿疹になる場合がありますが、アトピーに比べてかゆみは少なく、顔面や頭部に出るのが特徴です。普通は放っておいても、半年ぐらいで治ってきますが、痒みが強い場合にはアレルギー体質がある可能性があります。 

アトピーは乳児湿疹に引き続いて、肘や膝に広がっていくタイプと、乳児湿疹が一度、きれいに治って、半年から2年くらいたって、今度は痒みの強い湿疹が出てくる場合があります。どちらも、顔に強く出ている場合は、時間がかかることが多いです。 

乳児湿疹も、元々皮膚が弱い浸出性体質を持っている子に多いのですが、それを幼児、成人まで持ち越さない為には、体質を上手にコントロールしていくことが必要です。ご家族にアレルギーの方がおり、遺伝的アレルギー体質があるようなお子さんには、『小児鍼灸』を是非取り入れて下さい。 

幼児のアトピーの一番の問題は、大人と違って、痒い時には我慢が出来ないという点です。皮膚は、掻き壊すことでいっそうダメージが大きくなります。発疹→痒い→掻く→傷→発疹の悪循環を防がなければなりません。 
痒みが強い場合、漢方薬で対応できると良いのですが、無理ならば、必要に応じて抗アレルギー薬・抗ヒスタミン薬を使用するのも、やむ負えないと思います。 

アトピーは100人いれば、100通りの治し方が有ると言われます。一切、軟膏類を使用しないで治したお母さんもいれば、いろいろ使って(使わざるを得ない場合もあります。)治したお母さんもいます。 

アトピーは難治性疾患です。初めは、とてもひどい症状でも、簡単にきれいになっていく場合もある反面、やっときれいになったと思っていたら、一回の風邪薬で一気に広がる事もあります。 

日常生活におけるお母さんの手当てが、一番有益な治療法です。鍼灸はそのお手伝いをします。胃腸の機能を整えて、免疫力を高めます。 


 

小児のアトピーとステロイド

ステロイド外用剤は、アトピーの皮膚の状態を劇的に改善することが出来ます。しかし使い方を誤ると皮膚萎縮、毛細血管拡張、皮膚感染症の誘発などの副作用があります。出来れば使いたくないと思いますが、痒くて、夜も眠むれないほど症状が強い時には本当に助けられる薬です。 

小児は、かゆさを我慢出来ずに掻きむしるので、皮膚が傷んで、益々痒くなるという 悪循環に陥ります。そんな時は、やはりステロイドが必要になります。 

上手な塗り方の一つに患部のみに、少し厚めに乗せるように塗ります。すり込むという人もいますが、すり込めるような状態ならステロイドは必要ありません。健康な皮膚には付けたくないので、炎症の強い部分のみに乗っける感じです。 

重症の場合は亜鉛華軟膏で重層療法(亜鉛華軟膏を塗ったガーゼで患部を覆い、包帯をする。)をすると効果大ですが、取り除く時に、こすらなければならないので、私はベビーパウダーで覆うことを勧めています。 

パウダーは肌にやさしいものを選びます。パフに擦り込ませて、薄く押さえる様に覆って下さい。軟膏が服に付着して取れてしまうのを防ぎ、ベタベタしません。塗りっ放しに比べて、効き目はよくまたシャワーで簡単に洗い落とせます。ステロイドを塗った時は、紫外線に当たらない様にしなければなりませんが、パウダーが日焼け止めにもなります。 

ステロイド外用薬の強さには、Weak(弱い)Medium(普通) Strong(やや強い)Very Strong(かなり強い)Strongest(最も強い)の5つあり、症状の度合いや炎症の発生部位によって使い分けられます。一番避けたい事は、ステロイドの副作用を必要以上に怖がって、弱いものを長期間使う事です。 
ステロイドは健康な皮膚にもダメージを与えます。連続使用は皮膚萎縮、毛細血管拡張を起こし、細菌や真菌(かび)に感染しやすくなります。経験から思うのは、しっかりと効き目がある強さのものを選んで、連続使用を避けることです。強さの目安は、塗った次の日には炎症がかなり治まり、赤みが引いているという事です。 

3~5日間ほど付けると、炎症は、ほぼ収まります。その後は発疹するまでステロイドはお休みします。 

しっかりと塗り方を指導してくれる、ステロイドを熟知したお医者さんを選んで下さい。 

皮膚科のお医者さんは強いランクのものを長期間使用しなければ、副作用は心配ないと言います。しかし、副作用には個人差があります。乳幼児は肌が柔らかくダメージも大きいです。慎重かつ丁寧な指導が不可欠です。 

ステロイドを塗らないでいると、又、かゆい湿疹がぽつぽつ出てきます。なるべくお休み期間を長くしたいので、周りの環境を良くして下さい。特に腸の状態を良くすることが大切です。食事は温野菜中心の日本食にして、白砂糖、食品添加物、古い油などを避け、小麦粉、乳製品を控えめにします。 

日常生活のスキンケアーも大切です。風呂、保湿剤、衣類、水など、その子その子に適した、それぞれの方法が有り、お母さんが一番知っています。 

経験から言えば、お菓子やジュースを減らし、お風呂はぬるめ、薬はなるべく飲まない様にする・などは共通事項です。そして、海水浴は皆、きれいになります。 

ステロイドを塗らない期間を長くしていって、離脱を目指します。この方法が良いと思うのは、たとえ長期間ステロイドを使用しなくてはならない場合でも、副作用を最小限に抑えられる点です。 

注 プトピック軟膏
クロリムスという免疫抑制薬を外用剤にしたもので、ステロイドの「strong」の強さに相当します。正常な皮膚には作用せず、炎症のある皮膚にのみ浸透していく性質があるので、顔や首などステロイドの副作用が現れやすい顔面や頸部に使われます。 

日本では小児用は2歳以上の適応となっています。副作用については、皮膚癌やリンパ腫の発生リスクが問題になっていますが、現在のところ心配は無いという報告が多い様です。