小児喘息

気管支炎は文字通り気管支の炎症ですが、いろいろな原因で起こります。 

幼児の場合は風邪の合併症として発病することが多いのですが、元々、皮膚や粘膜が弱い滲出性体質があるので気管支が弱い為、かなり治りにくく、ひと冬中、咳と痰に悩まされることも少なくありません。 何よりも大切なことは、風邪をひかないこと。もし引いてしまったら素早くきちんと治すことです。「小児鍼」は、まず風邪の予防の為の治療をします。 

次に、気管支の炎症を抑え症状を軽快させる治療と、体質を改善する治療を併せて行いますが、一か月一回くらいの通院で、少なくとも一年はかかります。自宅で「お灸」をしてもらいます。 
 

しかし、翌年には、お医者さん通いが、めっきり減るので『小児鍼』の力を、実感できるはずです。 

高い熱が出た時は、細菌感染が考えられるので、抗生剤の服用が必要になる場合もありますが、だらだらと、長期間使用するのは良くありません。 

また、咳は痰を排出する為に必要があって出ていることも多いので、「咳止め」は慎重に使うべきです。 

激しい咳の時に「喘息」だと診断される場合がありますが、夜間、咳をしながらも眠っていられるようならば、「喘息様の気管支炎」だと思います。アレルギー性の喘息は風邪と関係なく、抗原に曝されれば発作として発症します。症状として、一番に呼吸困難があります。稀に、命に係わる場合もあります。専門医を受診してください。 
 

~咳のある時のお風呂~

咳のある時のお風呂は注意が必要です。特に、夜中や朝方に咳き込むような場合には、午前中や昼寝の後などに入ると良いでしょう。 

そして入浴後は、遊んだりして身体を少し動かすようにします。その時点で、汗ばんでいる時は、汗をよく拭いて薄着にし、寒そうにしている時は一枚着せてあげてください。これで大丈夫です。 

どうしても、寝る直前に入浴しなければならない時は、さっと入るようにします。十分温まる方が良いと思いがちですが、このまま寝るとぐっしょり汗をかいて、体温は一気に下がります。 

咳がある時に身体を冷やすと悪化して、なかなか咳が取れなくなります。咳のある時には、寝る直前の入浴は避けた方が無難でしょう。また。同様に身体を冷やす食べ物は控えましょう。 

風邪を引きやすい子は、寝る直前のお風呂は避けた方が無難です。これだけで、風邪引きの回数が減ります。ただし、湯冷めを避ける為に、入浴後、身体を動かす事と衣服の調節を忘れないようにします。