病院で五十肩と診断され、完治まで1年かかると言われました。もっと早く治りますか?

40歳~50歳を中心に痛みを伴って肩関節の可動制限が起こります。一般的には女性に多く発症し、肩関節周囲炎と言われて、俗称として四十肩・五十肩と呼ばれています。

結論からいうと、肩の中にある腱の断裂がない限り、多くはケースで数か月の治療で日常生活に支障がない程回復する事が殆どです。整形外科医の診断が五十肩、関節炎とある方は腱の断裂の心配はないと思われますので、鍼灸治療で回復期間を短縮することは十分可能です。

初期の段階での痛み止めとステロイド等に加えた運動療法は多少効果はあると思いますが、五十肩に関しては発生機序から考えて根本的な改善にはなりくいと考えられます。局所のマッサージも効果はあまり見込めなく、病院では自然に緩解するのが1年から2年かかるといわれています。夜間の痛みや可動域制限、肩より高いものを取るときに痛む、ブラジャーの付け外しなど日常生活にも影響を及ぼし2年間も我慢できないのはよく理解できます。

東洋医学では五十肩の多くは、ホルモンのバランスを整えていくとが必須となります。これは、内臓の受け皿である骨盤の調整、自律神経の出入り口である背骨、頸部の治療が早期治癒に大きく関係してきます。それに加えて自宅灸と体操、食養を徹底することで、早い方で数週間から1~2か月で多くの方はほぼ完治することが見込めます。(関節内に石灰があるといわれた方、腱板の断裂は内視鏡等での手術が必要になり回復に時間がかかります)

急性期(はじめて痛みだして1週間以内)又は安静時、夜間の痛みが続き眠れないなど患部に触って熱感がある、これ以外の方は、積極的に軽い痛みが出る程度まで動かし、肩の血液循環を良くしながら稼働制限をなるべく防ぎ早期回復に努めます。

 

​事故や外傷等、外部からの原因ではない場合、肩の筋肉の動きや炎症の回復を阻害している他の原因(自律神経、ホルモン、全身の血液循環、靭帯の硬化)を治療することが最善であると考えます。

​注 肩の痛みであっても心疾患、腫瘍など重篤な病気が隠れている可能性もゼロではありません。

まず、必ず最初に医療機関の病院にて、五十肩などの診断名をもらうことを推奨致します。