夜驚症

「かんの虫」と同様に、ちょっと神経質な子によく出る症状ですが、年齢が少し高くなります。 

2~10才くらいの子で、睡眠中に泣いたり叫んだり 飛び起きたりしますが、覚醒せず、朝起きても、その記憶はありません。 

「かんの虫」と違う点は、原因がもう少し具体的になります。精神的には、何かを我慢している、怖い事があった、強い精神感動を経験したなどがあります。 

身体的には、湿疹が痒い、寝巻きが窮屈、のどが渇いている、鼻が詰まっている、腹部膨満感などがあります。 

どんな場合にも『小児鍼』は良く効きます。1回~3回の治療で、落ち着いて眠る様になります。しかし、ある程度大きくなるまでは、度々出てきます。 
 

これは、夜の間に、昼間のストレスを解消していると、思ってあげたら好いのではないでしょうか。余程、不都合なことがない限り、心配はいりません。 

しかし、何か我慢している様ならば、その原因を取り除いてあげたいですね。 

例えば、下の子が生まれて、お母さんは赤ちゃんにかかりっきり、上の子は何も言わなくても、ものすごく我慢していると思います。手が空いたら、じっと抱き締めてあげて下さい。 

日常生活では、就寝前に腹一杯食べさせない、必ずおしっこをさせて 膀胱を空にしてから寝るなどの、ちょっとした注意で、夜驚症は起きなくなくなることも多いですよ。