子供の治療
子供の治療は小児はりを行います。これは、江戸時代に大阪の数名の治療家が行っていた治療法で、大正末期から昭和初期にかけて、大阪を中心とした関西方面で特に広まった治療法です。関東でも小児の治療を行っているのですが、あまり「小児はり」とは言わないので、聞き慣れない方が多いかもしれません。
「小児はり」とは普通の治療で使う「刺す」鍼(ハリ)と違い、皮膚に接触させて軽い刺激を与えて行う特殊な治療法です。金属の棒やヘラのようなもので皮膚をさすったり、つぼに当てて刺激をしたりします

小児はりで使用する鍼は「三稜鍼」と呼ばれ、本来は突く、刺す、切るための鍼を、突かずに「後方に引いた」ことにより、皮膚に刺さずに鍼先で当たるか当たらない加減でごくうすくこするような感じに変える事によって、皮膚に羽のような軽い刺激を与える事ができます。

皮膚の表面を刺激する事によってその刺激が脳に伝わり、自律神経のバランスを整えたり、内臓の機能を高めたり、発育作用を活性化させたり、免疫力の強化などの効果が期待できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

適応年齢 

 

生後1ヶ月ぐらいから小学校6年生ぐらいまでです。
(生後1ヶ月ぐらいすると外出の不安も少なくなるという意味で、自宅や産院で行う場合は、生後直後から対象となります。(中学生以上では大人と同じ鍼治療が必要なことが多くなります。)

 

よくみられる症状として、疳の虫(カンノムシ)があります。
疳の虫とは一般に「かん高い」とか、「かんが強い」とか言われているもので、小児が異常に興奮しやすくなっている状態です。
夜泣き、不機嫌、いらだち、ちょっとした物音に驚く、寝ているときに薄目を開けている、奇声(かん高い声)を上げる、行動が粗暴になる等といった症状です。

夜驚症 (2歳から10歳の子で夜中に飛び起きたり、叫んだりする)
 

その他には、疳の虫症状とも関連して、下痢、便秘、消化不良、腹痛、肩こり、頭痛、発熱、夜尿症、結膜炎、眼瞼炎、鼻カタル、耳下腺炎、慢性気管支炎、小児喘息、慢性中耳炎、乳児湿疹、アトピー性皮膚炎にも効果 があります。

また疳の虫とは、現代医学に於いては「小児神経症」と呼ばれるもので、この症状に対しては西洋医学に於いても有効な治療法は無いと言われており、「小児はり療法」をお勧めする理由の一つです。

 以下に挙げる症状は、古来より「疳の虫」特有の症状です。いつも子供を見ているお母さんには、見分けが付くと思うますので是非参考にして下さい。

 

赤ちゃんが次のような顔付きをしていませんか?
 ①顔色の変化(青白い)
 ②眉間や眼のまわりに青筋
 ③髪の毛が逆立っている(疳がきつい時)
 ④白目が青い
 ⑤目を開けて寝ている
 ⑥眉間に縦皺がある
 ⑦表情が険しい

 

これらは疳の虫特有の顔貎です

【施術にあたって】
・初診の方は、問診を含め約30分
・はじめは、できるだけ週2~日なるべく続けて行います。

・お母さんにご自宅でできる赤ちゃん用のお手当て法をお教えします。
・もし症状が一回で収まれば再診の必要はありません。

・初診であればご友人の方のお子さんと、一緒にご予約と治療をする事も可能です。

 (初診 お一人約30分づつ 計60分) 

 

治療の順序 

問診、触診、腹部打診、治療 

​□ 実際に鍼をする時間の目安として 0歳(2分) 1歳から3歳から3歳位(3分) 4歳~7歳位(5分) 8歳~12歳位(7分) になります。(触診、腹部打診は除く)

□ 二回目から特に問題がなければ、20分の枠でお取りください。