​出産前後の骨盤調整はやっていますか?
鍼灸と指圧、オステオパシーを組み合わせた治療の鎮痛効果は、出産後の痛みにはとても有効な治療法です。母胎や授乳への影響から「お薬を服用することはなるべく避けたい」と話すお母さんが多いですが、鍼灸はそのような方のニーズにも応えることができる副作用等の心配が無い安全な治療法です。
 
出産のために体力が消耗した状態を、東洋医学では「腎虚」という言葉で表すことがあります「腎」とは現代で言う腎臓や子宮などを生殖に関する複数の器官を意味しており、腎のはたらきが落ちると筋や体力の消耗といった症状が出ると考えられています。 腎虚の機能を高める治療を「補腎」といいます。「補腎」することで減退した体力の回復と痛みの軽減ができるといったメリットがあり、鍼灸は多くの産前産後の方に推奨できる治療法です。

また出産前の母体は、出産に備えて分娩を行いやすくするため, ホルモンの作用により、靱帯や筋肉が弛緩しやすくなります。お腹が大きくなるに従い,、骨盤に限らず全身の関節に変化が起こります。そのような理由から筋や靱帯が弛緩し、骨の癒合部や筋靱帯にに負担がかかりやすくなります。
出産前後は, 特に腰部の前後の湾曲が強くなることから脊椎に負担がかかり、恥骨痛や尾骨の痛みを生ずる場合があります。出産前後は鎮痛剤を服用することが困難ですが、 鍼灸では恥骨や骨盤の痛みを軽減し出産前の体の負担を可能な限り減らすことができます。

 

 

出産前の痛み(股関節、お尻の痛み、坐骨神経痛、腰痛、背中痛、肩こり)

胎児の成長に伴いお腹はせり出し、骨盤の開きに加えお腹とのバランスをとるために身体の重心の位置が後ろに移ります。そのため股関節が外側に開くようになり、腰部の前後の湾曲が強くなります。このような姿勢は股関節周囲の筋が骨盤と股関節に大きな負荷がかかることで、股関節やお尻の痛みが発生します。場合によっては, 坐骨神経痛が出ることもあります。

また、妊娠時の頭痛の原因の多くは、肩や頸部の緊張やこりにありますが、妊娠によって起こった一時的な全身の筋のバランス不均衡により、それらを生じることもあります。

 

 

ホルモン(リラキシン)と骨盤の緩み 

大きくなる胎児に合わせて体中の関節、骨盤の開きを柔軟にするため、リラキシンというホルモンが分泌されます。このホルモンは子宮弛緩因子とも呼ばれるもので、卵巣, 子宮, 胎盤などから分泌され, 妊娠の維持および分娩の補助として作用するものと考えられています。

 

 

出産後の痛み(腱鞘炎、骨盤痛、恥骨痛)

 

次第に大きくなっていく赤ちゃんの成長を見守り育児を行うことは幸せなことですが、出産後も約1年間はリラキシンの影響が続くため、骨盤や関節、筋や靱帯が緩んだ状態で育児を行うことになります。そのため, ぎっくり腰をはじめ股関節や背中の痛み, 慢性の肩こりや頭痛に悩まされることがあります。また, 抱っこなどで出産前には使用頻度の高くなかった筋を使うことから腱鞘炎にかかる割合が高いのも特徴です。.

Small Heading