​妊娠中、生理中の治療は可能ですか?
特に問題はありません。ただし妊娠がはっきりされている方(特に安定期までの期間)は、症状によっては治療法が多少変わる場合がありますので、必ず問診時に前もってお知らせ下さい。
​また、安産の為のお灸や、つわりになりにくい体質改善も行う事が出来ます。
マタニティ指圧とオステオパシー医学、も同時に行います。
 
鍼灸には妊娠初期から臨月までを順調に送り、安産で終えて産後の日立ちも良くすることに効果があります。すなわち、妊娠から出産後まで過程を順調にサポートしていくことで、体に優しいアプローチとして知られてきました。
 
 
妊娠初期におけるつわりの鍼灸治療では、吐き気や食欲不振、疲労感などのつわりの典型的な症状をいち早く取り除くことができる効果的な治療法です。つわり症状を可能な限り最小限にすることで、妊娠中の肉体的負荷が軽減され、不安感などのメンタル面のバランスが保たれることで、穏やかな妊娠生活を送ることができます。
 
安産のお灸も逆子の治療と同様に、日本では古くから伝統的に行われてきました。これによって胎児を健やかに成長させ、安産に導く治療です。妊娠後期になると胎児が成長するため妊産婦自身への身体的ストレスも過多になります。疲れやすくなったり、腰痛や仙骨痛をより感じやすくなることが多くあります。
腰痛などの骨に関する痛みは、出産に備え骨盤を開きやすくするためにホルモンが分泌されることによる生理的な要因がありますが、それらは更年期症状に似た不定愁訴を示すことがあります。
 
また鍼灸では妊娠中、または出産後の特徴的な身体的負担(腰痛・足のつり・便秘・むくみ・気分の落ち込み等)を軽減し、お産に有効な陣痛を促しお産が軽すむことも知られています。
主な症状
腰痛
ホルモンの影響により各関節や背骨の靭帯がゆるみ、それにプラスしてお腹が大きくなることにより骨盤が前傾して痛みがでます。前傾してる反対の筋緊張をとり、骨盤のバランスと、自律神経を調節することにより、ホルモンバランスを整えて痛みの改善をはかります。
肩こり、頭痛
普段、頭痛や肩こりがない方が症状を訴える場合、ホルモンのバランスの変化にお身体が急に対応できないときに起こりやすい症状の一つです。特に頸椎の緊張を取ることにより改善する事が多いです。
足のむくみ
全身の水分が増え、腹部が圧迫されることににより下半身の血流が悪くなることが原因の一つです。とくにモモのうらの緊張を取ることににより、改善されることがあります。また、同時に骨盤の調整もおこない下腹部にスペースをつくってあげ、下半身に十分に血流が行くようにします。
便秘下痢
初期はホルモンの影響で胃腸の低下がおきます。また徐々に子宮が大きくなり、腸を圧迫して便秘と下痢になりやすくなります。鍼灸で消化器系の機能改善をはかります。
ストレス、イライラ
特に黄体ホルモンが増えることによる副産物として、イライラやストレスを感じます。背骨に対しての妊娠指圧が自律神経を整える為大変有効です
足の付け根の痛み
子宮と骨盤をつなぐ靭帯の硬化と過緊張による痛みです。オステオパシー医学、が有効です。