慢性中耳炎

38度以上の熱が出て激しく泣く時は、急性の中耳炎のことが多いので、耳鼻科に行って下さい。抗生剤の投与と、場合によっては、鼓膜を切開して膿を出すこともあります。「鍼灸」を併用すると、早くきちんと治り、慢性化しません。 

原因の多くは、連鎖球菌やブドウ球菌などの化膿菌で、耳の奥の耳管を通って侵入し、中耳に炎症を起こします。乳幼児は耳管が未成熟の為、太く短いので、風邪を引くとすぐなり易いのです。 

風邪の時、鼻を強くかまない様にしましょう。鼻のかみ方は、よく片方づつとかいいますが、つまっているのに思いっ切りかむと、鼻汁は出る所が無くて、耳管の方に行ってしまします。鼻は通っている状態で、かまなくては駄目です。 

鼻づまりを通すには、その場でジャンプを何回かして下さい。必ず、どちらか一方は通りますから、つまっている方を塞いで、鼻の通っている方から鼻汁が出る様に、軽くかみます。上手く出来なければ、無理をしてかむより、垂れ流していた方が良いです。 
 

急性中耳炎をきちんと治さなかった場合や、風邪をひく度に中耳炎になっていると、慢性化して治りにくくなります。最近では最初から慢性の形をとるものも増えています。いずれにしろ繰り返さない事が大切です。 

近年、問題になっているのは、抗生剤の効かない難治性の慢性中耳炎です。 肺炎球菌による中耳炎の80%は、耐性菌の為、抗生剤が効かないという報告があります。 

識者は、抗生剤の使用を極力ひかえる様、警告しますが、治療現場では、なかなか改まりません。抗生物質先進国の北欧では、中耳炎に対する抗生剤の投与を極力減らしています。 

東洋医学から見ると、乳幼児の中耳炎は治し易い疾患の一つです。 繰り返さない為に「鍼灸」を、ぜひ取り入れて下さい。「風邪予防のお灸」「中耳炎の特効穴のお灸」など、家庭で出来る事が沢山あります。