はりは痛くないですか?
縫い針を、ちょっと指に刺しても痛いのだから、鍼は痛いに違いないと思っている方が多いと思います。
それは技術の問題と、「鍼と注射針の違い」そして太さの問題があります。
当院ので使用する鍼の太さは通常、豪鍼という髪の毛程のごく細いものを使用しています。

当院の鍼は、患者さんに我慢を強いる様なものは無いと断言できますが、時々いわゆる皮膚を切る「痛み」とは全く違う感覚が生じます。これは鍼の響きというもので、慣れてくると「気持ちが良い」という方が多いです。これを皆さんいろいろな表現の仕方をされます。「悪いところに響く」「鍼をしているところの反対側に広く感じる」「痛むが深いこりを押されている様で気持ちい痛み」「体が温まってくる」「体に風が吹いている」など皆さん大変興味深い感覚をお聞きします。
 
私個人が鍼を受けた感覚は、特に全身が疲労した時に自身で鍼をするのですが、体全身の緊張とストレスが抜けていくように感じで、鍼の最中に眠気によく襲われます。鍼灸が初めての方でも、数回目から眠りに落ちられる方もよく見られます。これは緊張した自律神経が、ある特定の微弱な刺激によって一瞬で過緊張を緩和させていると考えられます。


何故痛くないのですか?

鍼を痛いと感じる場合には、二通りあります。 一つ目は、鍼が最初に皮膚を貫く時です。

皮膚の表面には痛点という痛みを感じる部分が無数にあり、どんなに細い鍼を使用しても、このセンサーを避けるて鍼はできません。 しかし、この痛みのセンサーは、ある閾値以上の刺激でなければ反応しない仕組みになっています。つまり、閾値以下の刺激量ならば、痛みは感じないのです。
これは刺鍼の技術で閾値を上げないように十分コントロールできます。


二つ目は、 鍼が最初に皮膚を貫いた瞬間を過ぎれば、痛みは感じないのが普通ですが、筋膜、筋肉、骨膜に刺入される場合には、前述した響きでズゥーンとした鈍い奥で何かをされている様なものを感じる事があります。初めての感覚でしょうから少し驚くかもしれませんが、良いことはあっても、身体に悪影響を及ぼすことはまずありません。
 
テレビで見る全身にはりをして、長い間置いておくようなやり方は行っておりません。
特に初めての方は、一か所づつ感じ方を聞きながら、ゆっくり丁寧に施術していきます。

当院の治療は出来るだけ不快感の無い様にしていますが、それでも我慢できない方は遠慮なくお伝え下さい。その都度調整して、個人に合った最適な刺激で治療をしていきます。